繁華街を歩いていたときに入店したオンラインカジノ店

オンラインカジノ成功体験談

オンラインカジノの成功体験談を紹介しています。もちろんカジノには負けもつきもの、でもギャンブルの世界では必ず勝つ成功者が存在しています。そんな成功体験を聞いて勝つイメージを掴みましょう!

貴方の成功体験を是非共有してください。ご連絡お待ちしております。

繁華街を歩いていたときに入店したオンラインカジノ店

さかのぼること10年前、インターネット接続をしていなかったし、オンラインカジノという言葉さえ見聞きしたことがありませんでした。

でも、ひょんなことからオンラインカジノをすることになりました。あてもなく、都市部の有名な繁華街を歩いていたときです。

ぶらりと立ち寄った店が、オンラインカジノの店でした。場所は1階にあり、入り口から入って右手にカウンターがあって男性が1人います。

正面の奥から左手に向かって、オンライン端末が並べられています。

その端末でプレイするにはまずカウンターで手続きをしますが、お金を払ったら該当の端末のところにメダルが追加されます。

もちろんこのメダルは手に取れるものではなくて、オンライン端末に枚数として表示されるものです。

それで端末のオンラインカジノの場で掛けることができます。

どことオンラインでつながっているかというと、たしかフィリピンのカジノと話していたように思いますが、

画面に映っていたのが非常にリアルで、そこでカジノをやっている場面が映し出されています。

たんなるゲームや演出ではありません。その場にいて時間を共有しているかのような鮮明な映像で、

フィリピン人らしき人がダイスを降ったりしています。このとき、本当に恐る恐るの心持ちで緊張感が漂っていました。

ちょっと見ていて怖いぐらいの映像です。

場所柄、繁華街の中の店ということもあって、ちょっと怖そうな所ではありました。

そのオンラインカジノの具体的な内容までは明確に覚えていませんが、

たとえばルーレットの赤と黒のどちらにボールがインするかというルール、合計の数値がいくつになるかというルールに沿った賭けでした。

賭けるメダルの数は自由に設定することができます。

そうしてメダルを掛けて参加してみたわけですが、気になるのは映像はコントロールされた演出ではないかということです。

自分の端末に映っているオンラインカジノの場面は、他の端末、

そのカジノ場につなげて掛けている何十人かいるであろうプレイヤーと変わりないのかどうか気になりました。

でもそれを知るすべはありません。賭け事なので、当然ながら元手を増やして勝ちたいなと思っていました。

そうしてメダルを掛けながらプレイしていきましたが、

確率は50%のもので、どちらかです。その賭けで意外とあたりました。

連続してあたりが続くなど、どちらかというとあたりのほうが上回っていました。

緊張感の中、勝っていたからプレイを続けるか否かという場面がありつつ、

ちょっとしたきっかけがありプレイをストップすることになり、そのおかげで勝ち越した状態で帰ることができました。