ルーレットの遊び方とルール

roulette

オンラインカジノのルーレットの遊び方とルール

ルーレットを知らない人はいないほど有名なゲームですね。

ルーレットはカジノの女王・・子供から大人まで知られていますね。

でも、大半の人はやり方は、黒か赤の賭け方しか知らず楽しみ方の半分も知らないのが現実です。

そもそもルーレットは2種類のタイプがあります。

アメリカンルーレット・・これは1~36の数字と別に『0』と『00』があるタイプです。

ヨーロピアンルーレット・・これは1~36の数字と別に『0』があるタイプです。

これを見て皆さんはどちらでプレイしますか?

勿論!ヨーロピアンルーレットですよね。

玉を回して書かれた番号に入る確率を考えて

アメリカンルーレットは1/38

ヨーロピアンルーレットは1/37

一つ分穴が多いアメリカンタイプはプレイヤーに不利なので

ヨーロピアンタイプでプレイするのが基本です。

では、まず肝心の配当金を知っておく必要があると思います。

専門用語で説明しても初心者には少し難しいと思いますので

簡単に説明します。

インサイドベット(要は数字直接にベッドする事です)

1目賭(1個の数字だけ賭ける)1対35・・(36倍)

2目賭(2つの数字の間にベッド)1対17・・(18倍)

3目賭(横ライン3つ数字の一番下にベッド)1対11・・(12倍)

4目賭(4つの数字の真ん中にベッド)1対8・・(9倍)

5目賭(0.00.1.2.3.対象・・1の左下にベッド)1対6・・(7倍)・・*アメリカンタイプ限定!!

6目賭(横ライン下の2つ間のラインにベッド)1対5・・(6倍)

アウトサイドベッド(要は数字に直接ではなく、数字(色)に関した特殊な賭け方です)

縦一列(一番右にベッド、縦ライン1列の数字が対象)1対2・・(3倍)

大中小(1~12・13~24・25~36が対象、一括りの下にベッド)1対2・・(3倍)

前半・後半(1~18・19~36の2通りが対象、一番左又は右にベット)1対1・・(2倍)

奇数・偶数(数字に対して奇数が偶数か・・前半・後半の隣にベッド)1対1・・(2倍)

赤・黒(数字に付いている色に対象、テーブル一番下の真ん中にベッド)1対1・・(2倍)

ベッドは慣れましょう。そうする事でより一層楽しくなり

更に!自分に有利な賭け方も多々あります。

カジノで儲ける人が行うゲームで1位2位を争うゲームです。

戦略が多く勝ちやすいゲームです。

ここでは紹介しませんが、ベッドのやり方で勝率を上げる事も可能です。

ですが、注意です。必ず勝てるギャンブルはありません!!

戦略と危険性は別で教えます。

オンラインカジノでは、約30秒以内に好きな所にベッドをしなくては

なりません。焦る人もいますが、30秒もあります。

操作ミスする人も知り合いによくいます。

慌てずプレイする事がオンラインカジノでのプレーの基本です。

最後に特殊が1つあります。

『0.00』についてですが、これは偶数でもなきゃ、赤黒でもありません。

『0.00』はインサイドベッドでも2目賭や3目賭で『0』を含む場合と

1目賭しか対象になりません。

『0』は元々ディーラーを勝ちやすくする為に設けられた穴です。

急所を突く為にベッドする事が可能ですが、記者はベッドするのをお勧めしません。

黒に賭けても、偶数に賭けてもハズレ・なら潔く負けを認め

次に繋げた方が賢明です。

1対1のベッドでも50%ではなく事実『0』を含むと50%以下になります。

それでも十分当たる可能性が高いゲームです。

初心者から上級者まで楽しめるゲームをお楽しみ下さい。