ココモ法でオンラインカジノを攻略

ココモ法でオンラインカジノを攻略

これは、マーチンゲール法の変形です・・マーチンゲール法と同様、1回の勝ちで

今までの賭け分を取り返す戦法です。

だが、マーチンゲール法は1対1(2倍)以上の配当のある賭けに有効ですが

ココモ法は1対2(3倍)の配当がある場合に有効な投資法です。

(ルーレットのコラムベッド・ダズンベット)に適応。

マーチンゲール法との最大の違いは、負ければ負けるほど、勝った時の利益が大きい

のが最大の魅力です。

例・・賭け単価は1倍にします。

初めに1ドル賭けます。

そこで負けたら次も1ドル賭けます。

更に負けたら今度はさっき賭けた金額と、その前に賭けた金額を合計した

金額をかけます(ここでは2ドル)を賭けます。

やり方のコツは、2連敗以上した時に直前に賭けた金額と

その前に賭けた金額を合算した金額を賭け続けていくのです。

負けた金額も気になると思いますので説明します。

賭け金賭け金TOTAL
1戦目・1ドル-1ドル
2戦目・1ドル-2ドル
3戦目・2ドル-4ドル
4戦目・3ドル-7ドル
5戦目・5ドル-12ドル
6戦目・8ドル-20ドル
7戦目・13ドル-32ドル
8戦目・21ドル-53ドル
9戦目・34ドル-87ドル
10戦目・55ドル-143ドル

例えば、5戦目の賭け金は・・3戦目2ドル+4戦目3ドルを

合算しているのがわかると思います。

他のも全て同じです。連敗すると投資金はここまで膨れます。

負ければ負けるほど勝った時の利益が大きくなる・・説明しましたが

では実際に10戦目を自分が行うとして見てみましょう。

9戦目負けてしまった・・9連敗で損失87ドルだ~↘

10戦目の賭け金は・・8戦目21ドル+9戦目34ドルだから

賭け金は55ドル!!・・よし!!当たった!!

55ドル賭けて3倍の配当だから・・165ドルだ!!

賭け金を引いて(165ドル-55ドル=110ドル儲け)

(儲け110ドル-負け金TOTAL87ドル=+23ドルだ!!

と・・このような結果になります。

3戦目で検証すると・2ドル賭け・・当たり6ドル・・差引4ドル儲け

儲け4ドル-負け金2ドル=+2ドル

賭け金が膨らむにつれて勝った時の金額が大きいのがわかったと思います。

ルーレット見たく(1~12)(13~24)(25~36)とコラムベッドで

1対2(3倍)の為・・確率は約33%と以外に低めなので

10連敗する事もザラにあります。

緩やかに投資金が増えますが、負け込むと

そこから損失が急激に増えていく事になります。

そしてマーチンゲール法と同じく、カジノにはベッドリミットがある為

連敗しすぎると1回の勝ちで負け分を取り戻せなくなる事があります。

大体のカジノでは、1対2(3倍)のルーレットのベッドリミットは『300ドル位』です

数字上11連敗したら1回の勝ちでは負け分を取り戻せません。

13連敗で賭け金233ドル・・次の賭け金は377になる為・・

ルール上無理が出てきます。

だがメリットはとても良いので、工夫すれば有効な投資法です。